京都

京都村

スポンサードリンク

ようこそ京都村へ


ここ京都村では、京都を故郷に持つ管理人ができるかぎり多くの人に

京都の良さを知ってもらう事を目的として京都の紹介をしています。

このサイトを見て少しでも京都への関心を持ってもらい、

「ちょっと今度行ってみようかな」と思ってもらえると幸いです。

〜 お知らせ 〜

『ミシュランガイド京都・大阪・神戸・奈良2012』が

発売されました♪


ミシュランガイド京都・大阪・神戸・奈良2012 RESTAURANTS & HOTELS


村の最新工事日☆11/10/21


嵐山 先斗町


僕は京都が大好きです。故郷であるという事ももちろんありますが、それを除いても

「古都京都の文化財」として17もの世界遺産に始まり、数多くの国宝、重要文化財、行事、

しきたり、料理、町並み、生活にまで歴史と伝統が色濃く残り、1200年余りもの時間が経過した今も尚

昔の名残を十分に残し和の象徴の町として存在しています。


そんな京都はとにかく一歩あるけば画になる風景と出会えます。数多く存在する観光スポットもそうですが、

ふらっと入った名もないような路地でさえ感動するような風景と出会えます。

無数に存在する画になる風景が四季によって4種類の衣を変えて、さらには朝昼夜と1日に3回顔を変えます。

1つの風景に12個の顔を持っていると言っても過言ではありません。

同じ場所であっても季節と時間によって全く違った印象と感動を与えてくれると思います。


本当に京都は心身共に癒される町です。


個人的にはしょっちゅう行くことはできませんが年に2回春と秋に桜と紅葉を見に行くのが恒例となっています。

時間とお金があれば一度京都に入り浸って、歴史と伝統と文化に染まった生活をしてみたいです。

慣れ親しんだ地域を離れ他府県へ行ったり、あるいは特に日本を離れ海外へ行ったりすると

見たことの無い新鮮な風景や景色を目にし、異文化に触れとても感銘を受ける事があります。

それと同じ感覚を京都を故郷に持つ人間ですら京都で感じることができます。

それほど京都には味わっても味わいつくせない、そして知れば知るほど奥の深い刺激と感動があります。


京都で育ったことで無意識に和に対する意識は強いような気はしますが、これだけ故郷を好きになれて

知ってもらいたいと思えることはとても嬉しい事です。



今日では海外から外国の方々も大変多く来られ、日本文化の象徴の町として

また国際都市としとしても広く知られていって欲しいです。


それでは魅力たっぷりの京都をご覧になってください。




 京都村〜TOP


 京都の春

 京都の夏

 京都の秋

 京都の冬

 京都の世界遺産

 京都の伝統行事

 京都の伝統工芸品

 京都で買い物

 京都のおすすめスポット

 ミシュランガイド京都

 京都で食べる

 京都のミステリー

 京都出身の有名人

 京都弁

 市内以外の観光

 京都の心霊スポット

 京都の豆知識

 京都の写真



 リンク集

 リンクについて

 プライバシーポリシー


 プロフィール
スポンサードリンク

京都タワー

祇園・花見小路
Copyright (C) 京都村 All Rights Reserved